花窟神社参拝のご案内

花窟神社と熊野

花窟神社がある熊野市は、三重県南部に位置し、北西部は標高500メートルを超える山々が連なり、奈良県および尾鷲市に接しています。

東南部は熊野灘に面して変化に富んだ景観に恵まれ、南西部は和歌山県、奈良県と接しています。平成16年7月7日に熊野市の歴史文化遺産である松本峠や大吹峠などの熊野古道が「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されました。熊野古道とは、三重、奈良、和歌山の三県にまたがり、伊勢や大阪・京都と紀伊半島南部にある熊野の地とを結ぶ道です。古くは「くまのみち」、「熊野街道」とも呼ばれ、「熊野参詣道」として国の史跡に指定されています。

「紀伊山地の霊場と参詣道」は、古代以来、自然崇拝に根ざした神道、中国から伝来し我が国で独自の展開を見せた仏教、その両者が結びついた修験道など多様な信仰の形態を育んだ神仏の霊場であり、熊野信仰の中心地である「熊野三山」、修験道の拠点である「吉野・大峯」、真言密教の根本道場である「高野山」の3つの霊場と、これらを結ぶ「熊野参詣道(熊野古道)」・「大峯奥駈道」・「高野山町石道」からなっており、三重県・奈良県・和歌山県の合計29市町村にわたる広範囲にわたっている遺産は日本で唯一、世界でも比類のない資産として価値が高いといわれております。

熊野市内地図と熊野古道

花窟神社周辺のご案内

鬼ケ城
鬼ケ城熊野酸性岩が隆起や海面の上昇・下降に伴う海蝕・風蝕によって形成された奇岩が並ぶ場所である。毎年8月に行われる、熊野大花火大会の「鬼ケ城大仕掛け」でも有名。
(三重県熊野市木本町)
獅子巌
獅子岩獅子巖は熊野酸性岩の風蝕洞で、南側から見ると獅子の頭部に似た景観をみせる。
高さ25mの奇岩。国の名勝・天然記念物。
(熊野市井戸町 JR熊野市駅から徒歩7分)
七里御浜(ひちりみはま)
七里御浜熊野市から鵜殿村に至る約22Km続く日本で一番長い砂礫海岸。これまでに「日本の渚百選」や「21世紀に残したい自然百選」などにも選ばれた景勝地。
(三重県熊野市・御浜町・紀宝町)
産田神社
神社の名は伊弉冊尊がこの地で軻遇突智神を生んだとの伝説からつけられたといわれている。
(三重県熊野市有馬町1814 JR熊野市駅から車で5分)

花窟神社所在地

  • 鎮座地
    • 〒519-4325 三重県熊野市有馬町上地130
  • 駐車場
    • あり(茶屋 花の岩屋横 )20台 無料

花窟神社までの交通機関

花の窟神社までの交通案内図

名古屋からのアクセス

車でお越しの場合

名古屋ICから
東名阪〜伊勢自動車道(勢和多気IC経由〜大宮大台I.C)⇒国道42号線にて熊野市まで約3時間(約200km)

電車でお越しの場合

名古屋駅から
JR紀勢本線 特急「ワイドビュー南紀号」で熊野市駅まで約2時間50分
JR松阪駅から
JR紀勢本線特急ワイドビュー南紀で熊野市駅まで約1時間50分
熊野市駅から
三重交通バス 「熊野市駅前」停⇒「花の窟」停まで約5分

バスでお越しの場合

名古屋駅から
名鉄バスセンターのりばより三重交通バスにて「熊野市駅前」停まで約4時間

大阪からのアクセス

車でお越しの場合

大阪から
西名阪自動車道(郡山IC)〜橿原〜国道169号〜国道42号経由〜熊野市まで約3時間30分(約180km)
白浜から
国道311号〜168号経由- 新宮市街地から国道42号を北上(約130km)

電車でお越しの場合

JR新大阪駅から
特急「スーパーくろしお号」で新宮駅まで約3時間50分
近鉄 上本町から
近鉄阪伊乙特急で松阪まで1時間28分⇒JR特急南紀で熊野市駅まで約1時間49分
JR天王寺駅から
きのくに線特急オーシャンアローで新宮駅まで約3時間20分
JR京都駅から
きのくに線特急オーシャンアローで新宮駅まで約4時間10分
JR新宮駅から
普通列車で熊野市駅まで30分
JR熊野駅から
三重交通バス 「熊野市駅前」停⇒「花の窟」停まで約5分

茶屋 花の岩屋のご紹介


熊野古道 花窟神社トップページ