宝物一覧

花の窟図 版木 菱川廣隆原画

三重・ 花窟神社は熊野古道(伊勢路)沿いにあり、御神は「花の窟」とよれる巨岩である。この版木の図は、お綱掛けの神事により、御神体に綱が掛けられた状態を描いている。「紀伊山地の霊場と参詣道」世界遺産登録記念として、吉野・熊野・高野の名宝と共に特別展示された宝物である。

花の窟図版木
花の窟図版木裏面
花の窟図版木 印刷 拡大1 拡大2 拡大3

※クリックで切り替わります

茶屋 花の岩屋のご紹介


熊野古道 花窟神社トップページ